2017-10

終▼池上直哉 の写真展 <大野一雄さんの...>

終▼2/21 金
18時〜
カメラマン 池上直哉さん の写真展です!!

https://m.facebook.com/events/384660101678778/?ref=m_notif¬if_t=plan_edited#!/profile.php?id=463634527038303&ref=m_notif¬if_t=plan_edited

以下、池上さん↓
私が1977年に舞踏家・大野一雄さんを撮影した時、先生は71歳。
日本の踊りの世界では、舞踏の世界でのみ知られている方でした。
また踊り自体も五十代半ばからほとんど踊らず、私もお名前を
お聞きすることなく、「ラ・アルヘンチーナ頌」初演を撮りました。
その後、1980年のナンシー国際演劇祭で世界デビューを果たされ
1990年代半ばまで世界中で公演を行われ、OHNO KAZUO は
世界に名を轟かせました。今回、初期に撮った大野さんの不思議な
舞台の世 界を作品化してみ ました。そこには私の写真の原点があります。

2月1日は午後5時半ごろから簡単なレセプションを開きご歓談いただくほか、
3月8日までに会期中、いくつかイベントを用意しております。
清住白河という不便な場所ですが、お越しいただければ幸いです。
なお在廊日は下のHPからご覧ください。変更があれば書き換わりますので、
お越しの際にはご覧ください。
http://jointspot.jimdo.com/

ギャラリーのある建物は、倉庫を改造したもので、入りにくい入口ですが
お入りになり、左方向に進み、荷物の山の右側に貨物エレベーターが
二台並んでいます。手前のエレベータは6階に止まりません。左のエレベーターに
乗り、6階までお越しください。
このような感じです。
http://atsushisuwa.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-76a7.html

5階~7階までの小山登美夫ギャラリー、タカイシイギャラリー、
ShugoArts、なども午後7時まで開廊しており、現代アートの最先端も
ご覧いただけます。
ご来場をお待ちしております。


from: 池上直哉 日本舞台写真家協会(公社)日本写真家協会会員
 http://jsps.info/ 
TEL/03-5976-0768 /090-1765-1154
 E-mail:jointspot@yahoo.co.jp
 携帯mail:n.ike2003@t.vodafone.ne.jp   
2014年2月1日~3月8日 池上直哉展開催   http://sprout-curation.com/
ーーーー
2月頭からはじまった写真展ですが、たまたまイベントの時が雪!
そこで 思わずしてみました、

池上さんは雪男ですか?(*_*)
私、実家が石川県七尾市でして、加賀地方のダンスの知り合いの所へ出掛ける時は必ず 雪!
なぜだかしら 晴れてても雲行き変わるのです
さて、さて、まさか 来週、、〜ん〜ん、

私が大野一雄 さんを知ったのは、江口隆哉先生の追悼公演、約35年前、 つばの付いた帽子にドレス そして白塗りでした
舞踏と云うコトを知らない私は短大在学中の出演でしたので 不思議なおじさん が出てる~、、としか 見てませんでした、、そして それから とても印象に残っているのは 市川雅さんの追悼式にいらしてた 大野さんが 雅氏の遺影に向かって踊ったテレプシコールです、たまたま 居合わせた時に “ 大野さんが踊るよ!踊るよ!” と のコトで 中に入ってみたら 大野氏は遺影に向かって 進んでました、、踊るのではなく、遺影に向かって歩いてる姿でした
、、
年数をキチンと調べて また mail致したく です (わかりました、1979年.2月メルパルクホールでした⇔大野氏の年表に入ってました)

私 運良く 賞をもらったり ゲストで読んでもらえる本番多かったり で、 今年 55歳、社会的には イイ年令なのだということを やっと 理解してきています

池上さんに 一つ 伺いたかったことがありまして、、私が写真展で踊らせてもらえるのって、私の 何が好いのでしょうか?

踊り始めがそう早くもないので 何かに向かって怒るとか疑問とかなくて、、昨年秋に発表した『PACIFIC』あのドラム缶:ランタン の作品との出会いは大きく 震災後の自身のダンスを知るためにも 続けてゆきたいとおもっています

ーーー と、ここまで、池上さんへ質問させてもらって、、

続き 少々お待ち下さいませ

«  | HOME |  »

プロフィール

DanceVenus小鹿

Author:DanceVenus小鹿
DANCE VENUS って、ダンス ヴィーナス って 読みます。
STARTがでしたが モノ造りに興味あり、から 振付 衣装造り美術~~クリエイトする作業に関わる方々とインプロなどの現場を共にすること増えて来ました。
A.huu... シリーズは青山円形からSTARTして きゅりあんでの " 異教の蓮 " 。
Blue-ひょうびょう- 2009年12月3日4日/赤坂:草月ホール初演
・2011年2月 サニーホールにて再演、、
インドネシア ジョグジャカルタのJAFへは ほぼ毎年参加、。初めの一歩会が新たな一歩会となり来年2度め、照明勉強会など 舞台に立つdancerの応援の会や、スタパフォでのインプロ大会の開催、。
都内 LIVE HOUSEでのミュージシャンとの会を行ってる

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード